売却?その前に、既存建物のバリューアップ!資産運用設計のご相談は、賃貸マンション・社宅「まるごとフルサポート」

「まる」×「サポ」

よくある質問

ホーム > よくある質問

  • CLICK MENU
  • よくある質問
  • ホームへ戻る

まるサポに関するお問い合わせ

Q:オーナーの負担は、どれくらい?

工事費はゼロから全額ご負担まで、ご相談に応じます(契約に伴う印紙代等の諸費用は別途必要となります)。
賃貸借期間によりますが、オーナー様のご負担額に応じて、当社借上げの賃料も増減します。

Q:建物のリノベーションにかかる費用は?

建物の状況により異なりますので必要に応じて個別にお見積もりいたします。

Q:売却ではなく、借上げにどんなメリットが?

売却に伴う譲渡税や仲介手数料等、コスト上のメリットのほか、次世代以降に大切な資産を残せるメリットがございます。建物解体や建替えをご検討の場合も建築費が急騰している現在において、新たな投資を伴わず、安定した収益を獲得することが可能になります。

Q:相談、調査に費用は必要?

オーナー様からの特段のご指示が無い限り、耐震性の簡易診断および物件企画に必要なマーケット調査等の費用は無料です。

定期建物賃貸借契約に関するお問い合わせ

Q:定期建物賃貸借契約とは?

予め期間を定め、契約期間終了時に新たな合意がなされない場合、契約は終了となり、借主は貸主に建物を明け渡さなければならない契約です。

Q:定期建物賃貸借契約の期間は?

今回のケースでは10年以上が原則となります。

Q:定期建物賃貸借契約の期間中、賃料は保証されるのか?

一定期間の固定賃料はございますが、社会情勢の変動による賃料改定の可能性はあるため、契約期間中ついては完全に賃料が保証されるものではありません。

耐震に関するお問い合わせ

Q:東急電鉄が借上げから運営までを行うのか?

借主は当社であり、オーナー様への賃料の支払いは当社が行いますが、運営は物件特性に合わせ、当社指定の代理に業務を委託する場合があります。

Q:耐震補強は必要か?

1981年以前の建物は旧耐震基準で建造されていますので、現在の耐震基準よりも耐震性が不足する場合があります。事前に耐震診断をすることをお勧めいたします。

Q:耐震補強にかかる費用はどのくらい?

簡易診断は無料にて実施いたします。なお、補強工事費は規模と耐震補強内容により異なりますので、まずはご相談ください。

Q:旧耐震の建物であり、第三者機関から耐震上の問題で危険だと指摘されたのだが、
   このような建物でも活用可能なのか?

詳しくは調査が必要となりますが、一般的に鉄筋コンクリート構造の建物では、必要な補強を行うことで一定期間の活用が可能になります。

物件に関するお問い合わせ

Q:建物の図面や資料があるか分からないのだが、大丈夫?

改修には、建物用途を確認する確認検査機関の完了検査済証と建物図面が必要です。図面が無い場合は、その分工事費用が増加いたします。

Q:代官山や上池台物件は、なぜそのようなコンセプトになったのか?

街の個性、立地や物件特性を踏まえて、沿線価値をよく知る東急電鉄ならではの視点で最大限に活用できるコンセプトとして設定しています。

Q:将来の親族への資産譲渡も視野に検討したいが、こちらが希望するコンセプトに合わせた企画の実施は可能なのか?

企画内容についてはオーナー様にご提案させていただき、ご了承のうえで実施いたします。可能なかぎりオーナー様のご意向に沿ったご提案をさせていただきます。

Q:現在賃貸中であり、入居者がいるが検討可能なのか?

ご入居者の有無を含め、建物の間取りや老朽化の度合いと合わせ、総合的な視野で物件活用の企画提案をさせていただきます。

Q:対象は賃貸住宅だけで、分譲リノベーションはやらないのか?

店舗、事務所または分譲リノベーションのご相談も承ります。
「東急電鉄 住まいと暮らしのコンシェルジュ」の相談サービスがご利用いただけます)

PAGE TOP