売却?その前に、既存建物のバリューアップ!資産運用設計のご相談は、賃貸マンション・社宅「まるごとフルサポート」

「まる」×「サポ」

「まるサポ」事例

ホーム > 「まるサポ」事例 > CASE 02 東急のデイサービス「オハナ渋谷桜丘」

  • CLICK MENU
  • 「まるサポ」事例
  • CASE 01
  • CASE 02
  • CASE 03
  • CASE 04
  • ホームへ戻る
CASE02 渋谷桜丘

児童保育施設をシニア向け施設に転用。
少子高齢化に適応した
「デイサービス店舖」。

渋谷駅から徒歩6分に立地し、渋谷区が保有する旧桜丘保育園の土地建物をデイサービスという新しい価値を創造するテナントとしました。
少子化高齢化が進行する中、児童向け公共施設をシニア向け施設に転用する既存ストックの活用を通じて、街の活性化を図った東急電鉄ならではのソリューションです。

BATH ROOM

LIVING

建物外観

BEFORE

調理室

園庭

AFTER

バスルーム

テラス

静養室

静養室

キッチン

脱衣室

機械浴槽

トレーニングルーム

DATA

● 竣工年月:

1977年9月(渋谷区所有・児童保育施設)

● 所在地:

東京都渋谷区桜丘町11番8号

● 交通:

JR「渋谷」駅徒歩6分

● 構造規模:

鉄筋コンクリート造地上3階建地下1階建

RENOVATION DATA

● 物件名:

東急のデイサービス「オハナ渋谷桜丘」

● 用途:

デイサービス店舖、倉庫 
定員27名(介護保険の要支援、要介護認定を受けた方対象)

● 敷地面積:

453.88m2

● 延床面積:

520.71m2(一部減築)

● 施設:

リビング、ラウンジ、トレーニングスペース、静養室、キッチン、お風呂、テラス等

● リノベーション
  竣工年月:

2014年1月

詳しい物件情報はこちら >
PAGE TOP